スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

5・13ライブ終了&新所属決定!!

5・13ライブ終了&新所属芸人決定!!

2016年5月フライデーナイトライブも満員御礼のもと終了しました。ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます!!


まずチャレンジコーナー。下記の結果となりました。

第3位(17票)はまよこ

第2位(24票)バベル

第1位(47票)ハニーベージュ



ハニーベージュがバベルをおさえ二勝目を果たしました。今回も「きしょいの〜」のフレーズと暴言と偏見むき出しでツッコむ漫才は切れ味抜群で、会場を大きく盛り上げていました!これでハニーベージュは一本ネタ昇格の三勝目に王手となりました。今後の活躍にも乞うご期待です!!

 

 

 

 

 

そして今回最大の目玉、所属公開審査会。熊川シュウワ、元祖いちごちゃんが挑戦し、各2本ずつのネタを披露しました。熊川は作品性の高いコントを、いちごちゃんは持ち味のハイパーペロちゃんと植村によるシュールなコントを行いました。いずれのネタも終始大爆笑が起こる、見事な熱演でした。


エンディングにて、オフィス北野・戸上マネージャーより審査会の結果報告がありました。所属には8割以上のお客様からの承認が必要でしたが・・・


熊川シュウワ  83%
元祖いちごちゃん90%

二組同時所属という結果になりました!!

どうぞ今後とも、熊川シュウワ・元祖いちごちゃんの活躍を見守って下さい!!

 

 

 

次回フライデーナイトライブは2016年7月8日となります!詳細決まりましたら改めてお知らせします。

 


3・11ライブ終了!!

3・11ライブ終了!!

2016年3月のフライデーナイトライブも満員御礼のもと終了しました。ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます!!

今回も内容盛り沢山のライブとなりました。

チャレンジコーナーの結果です。ハニーベージュの連覇か、それとも誰かが阻むか注目されましたが、下記の結果となりました。


第3位(20票)ハニーベージュ

第2位(23票)太陽の小町

第1位(63票)元祖いちごちゃん



元祖いちごちゃんが二位以下に大差をつけての圧勝でした!!バレンタインをテーマにしたネタでしたが、ハイパーペロちゃんの醸し出す不可解さで貫き通す世界観のコントは今回も健在でした。同コーナーで二位が続いていた元祖いちごちゃんでしたが、初優勝が発表されて植村が感極まるシーンも。元祖いちごちゃんの同コーナーに賭ける思いが強く感じられる回でした!!





次回フライデーナイトライブは2016年5月13日となります!詳細決まりましたら改めてお知らせします。
 

1・8ライブ終了!!

1・8ライブ終了!!

2016年最初のフライデーナイトライブも盛況もと終了しました。ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます!!

今回も内容盛り沢山のライブとなりました。

チャレンジコーナーの結果です。バベルの連覇を誰が阻むか注目されましたが、下記の結果となりました。


第3位(13票)太陽の小町

第2位(20票)元祖いちごちゃん

第1位(22票)ハニーベージュ



ハニーベージュが僅差で二位の元祖いちごちゃんを退け初優勝を遂げました。「偏見でしかツッコめない」漫才を標榜する通り、あまりに危険なワードが炸裂するツッコミは切れ味するどく、発動する度に爆笑が起こっていました。ハニーベージュの今後の活躍から芽が離せません!!




次回フライデーナイトライブは2016年3月11日となります!詳細決まりましたら改めてお知らせします。

11・13フライデーナイトライブ終了&新所属芸人決定!!

11・13ライブ終了&新所属芸人決定!!

2015年最後のフライデーナイトライブも満員御礼のもと終了しました。ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます!!

今回も内容盛り沢山のライブとなりました。

まずチャレンジコーナー。ランジャタイ三連覇後に誰が出てくるか注目される回でしたが、下記の結果となりました。


第3位(12票)Theまてぃーに

第2位(36票)元祖いちごちゃん

第1位(60票)バベル



初登場のバベルが二位以下に圧倒的な大差をつけて初優勝を遂げました。ラーメン屋に行った時の想定問答をするも、あまりに素頓狂な言葉を連発する天満と彼に向き合う川沿。独特な雰囲気の漫才でしたが、強パンチの笑いが連発される見事なネタ運びで満員のハーモニックを爆笑の渦に巻き込んでいました。今後もチャレンジコーナーで大暴れする予感がします。





一本ネタコーナーは所属7組によるネタリレー。いずれも安定感抜群の内容でした。最初に登場の昨日のカレーを温めては「潔癖症の人間がまんが喫茶に行ったら」という設定のコント。あらゆる物をアルコールで殺菌消毒する川口の狂気がネタの不思議な世界観を演出していました。続く米粒写経の漫才は「日本語の名詞をどう説明するか」。「かりんとう」を説明するはずがそれに近い言葉の説明になっていたり、わざわざ遠回りした説明に窮する居島をサンキュータツオが切れ味鋭くツッコむ大迫力のネタでした。





ダイオウイカ夫は「ガンダムの取扱説明書」。ガンダムのコクピットを一般の家電製品のマニュアルを読むようにしながら操作する様、そして機械の随所に家電の要素が散りばめられている様が笑いを誘っていました。馬鹿よ貴方はのネタは「早苗さんを下さい」。彼女との結婚を父親に了承してもらおうとする設定のコントでしたが、ファラオ扮する彼氏が土下座して懇願しつつも、新道扮する彼女の父親に見下した態度を取る様子が爆笑を起こしていました。シルキーラインは「フィリピン人と言われ続けた服部の恨み(?)」フィリピン人っぽい顔をした服部のことを長年「フィリピン人」だと揶揄し続けた広田。それに服部が逆上し、執念深く広田を殺そうと追いかける目まぐるしい展開が繰り広げられるネタでした。そして終盤でまさかの事実が発覚・・・見事な構成のコントで会場を盛り上げてました。





ホロッコは「あすなろ物語」と題されたシュールコントを披露。肩から形の似た絵の書かれたフリップを掲げた親分と舎弟。舎弟は親分に憧れるも、展開が進むにつれ親分と舎弟は似て非なるもので、舎弟は絶対親分のようになれないことが判明。章立てされたネタでしたが、オチの度に大きな笑いが起きてました。「憧れだけではそれ自体にはなれない」という哲学的真理を突いた、メッセージ性の深いネタでした。そしてトリのマッハスピード豪速球は「個人で勝手に不法駐輪の撤去を営む老人」のコント。ガン太の「こんなの犯罪だ」という言葉に対し坂巻扮する老人が論理的に抗弁する様で爆笑が起こり、そして終盤二人の関係に変化が出ることで会場が大揺れしていました。





そして今回最大の目玉、所属公開審査会。荒ぶる神々、ランジャタイが挑戦し、各2本ずつのネタを披露しました。荒ぶる神々はコント。2本とも思い込みの激しい女が憎悪から彼氏に殺意を抱くことで起こる事件を描いたコントでしたが、構成力演技力共に抜群のネタは観客の目線を釘付けにしていました。ランジャタイは漫才。「猫を飼いたい」と「サッカーのPK」をテーマにしてましたが、いずれも予測不能のボケや展開を繰り出していました。そして国崎のエキセントリックかつ狂気じみた挙動もネタにかなりのエッジを利かせていました。

いずれのネタも終始大爆笑が起こる、見事な熱演でした。


エンディングにて、オフィス北野・戸上マネージャーより審査会の結果報告がありました。所属には8割以上のお客様からの承認が必要でしたが・・・



荒ぶる神々  83%
ランジャタイ 87%

二組同時所属という結果になりました!!

どうぞ今後とも、荒ぶる神々・ランジャタイの活躍を見守って下さい!!







次回フライデーナイトライブは2016年1月8日となります!詳細決まりましたら改めてお知らせします。

9.11ライブ終了!!

9・11ライブ終了!!

2015年9月のフライデーナイトライブも満員御礼で終了しました。ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げます!!以下ライブレビューをお伝えします。

今回はシルキーラインが過去最高と言っても過言ではない前説を披露してくれました。「会場を温める」という言葉通り、声を大きく張り上げテンポの良いフリートーク&漫才で終始爆笑を起こしていました。「今日のライブは間違いなく盛り上がる」・・・誰しもにそう確信させる内容でした!






サンキュータツオ&かっぽんかっぽんのオープニングMCでは湯川セイントの駄目さが次々と露呈されました。「ここは地下芸人ライブじゃない!」とタツオから突っ込みが入るほど、湯川の弾けぶりが凄まじかったです(笑)






そして名物のチャレンジコーナー。7組による熱演でしたが、下記の結果となりました。

第3位(22票)satomi

第2位(24票)森石ミドリ

第1位(28票)ランジャタイ
!!


ランジャタイが二位に4票差で見事三連覇達成です!国崎が超能力の持ち主と言われる親戚の家にペットの犬を連れて行くととんでもない出来事が・・・という異常なまでの状況を、相方の伊藤が冷静かつ的確になぞっていくスリリングな漫才でした。しかししっかり観客の心を鷲掴みし、大きな笑いが起こっていました。

これでランジャタイは一本ネタコーナー昇格です!今後のランジャタイの活躍にもご期待ください!!







また、企画コーナーでは「活字で新連載を持つとしたら何をするか」というプレゼンの時間が設けられ、3人の若手芸人が報告しました。まずマッハスピード豪速球坂巻は「変わったレシピの料理を作ってみる」という連載案を発表。「魯山人の納豆茶漬け」の変わった作り方などを具体例に報告しました。続くルサンチマン浅川は「読書本を読書する」というテーマで、その場で実際に速読も披露しつつ案を出してました。そしてマザーテラサワは「芸能人の哲学的分析」という案でシンポジウムみたいな雰囲気のプレゼンを行いました。各自特色を出した報告で終始盛り上がった企画となりました。

何とか本当の連載へと繋がることを願いたいところです。業界関係者の皆さま、何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます!!





そして最後の一本ネタコーナー。所属芸人7組による熱演で、いずれのグループも爆笑が起こるネタ運びでした。

トップバッターのかっぽんかっぽんは漫才。銀行強盗など何かに物を詰め込む設定を嵐山が繰り返すも、なぜだか常にその何かが「小さい」・・・仕舞にはとんでもないものまで詰め込むことに湯川が大絶叫で狼狽する終始パワフルなネタでした。続く林健太郎はニート漫談(的なコント?)を披露。ニート謎かけに始まり、実家から電話がかかって来たかと思えば母親が非情な(?)約束破りを行い、最後はかっぽんかっぽん同様怒りと悲しみの絶叫をあげて終了。とてもインパクトの残るネタでした。






米粒写経は漫才「居島の取扱説明書」。タツオが説明書を読み上げると居島が起動。モノマネ、落語、日本史の知識披露などを行い、挙句にはそれらが合わせ技で展開され居島が暴走するという内容でした。しかしその一つ一つは名人芸の域に達するもので、爆笑と感嘆とが混ざり合った反応が客席から起こっていました。ホロッコはお馴染みの「小津さん」シリーズ。今回は大学生の元に小津さんが来て趣味の話をするも、その趣味がどうもテレビゲームっぽいというもの。そのことを指摘されても「テレビゲームなど絶対しない!!」と頑なに否定する小津さんの可愛らしさがにじみ出るコントでした。そしてダイオウイカ夫は「自動車学校卒業検定後の教員からの言葉」。「『だろう』運転ではなく、『かもしれない』運転を心がけて下さい」という一般的な運転上の訓示が、なぜか運転とは関係無い内容にまで展開していく様子が笑いを誘っていました。





マッハスピード豪速球は「男気溢れるラーメン屋」。「体育会系」をコンセプトに掲げて息巻く坂巻扮する店長と、そのノリに疑問を懐き「体育会系」を称する人間たちの欺瞞を暴くガン太扮する新人。その二人の価値観のぶつかり合いが起こるたびに笑いが起こってました。そして最後は馬鹿よ貴方は。「居酒屋」の設定でファラオ扮する店員が客の新道に不条理な接客に徹する内容で、淡々と展開しつつも安定感のあるコントでトリを飾るにふさわしいネタでした。






次回は11月13日(金)開催です。2015年最後のフライデーナイトライブとなりますのでぜひ足をお運び下さい!!詳細固まりましたら改めてお知らせします!